読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゔぇろぐ

春から社会人1年生。キーボードをひたすら殴り続けるお仕事。

OSC2017で作品展示してきたぞォ

OSC2017 tokyo/springに行ってきたぞー!(゚∀゚)

 

オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Spring - オープンソースの文化祭!

 

 

毎年学科と電設部がブースに作品を展示しています。今年はわたしの卒業制作も展示作品に選ばれたので、意気揚々とお客さんにプレゼンをしに山奥まで向かいました!

 

1時間ちょい寝坊したけどね!

 

 

f:id:nave421m:20170311184447j:image

 

f:id:nave421m:20170311184306j:image

 

去年よりお客さん少ないのかなー?なんて思いながら

スタンプラリーをして無事景品をゲットし

 

去年は食べられなかったお昼を無事に食べて

手伝ってくれている1年生とお話ししてたら

 

急にきましたよ、ピーク。

 

嬉しい反面足と腰と喉が辛かった!

 

反響

のべ20名くらいの方に説明させていただいたんですが、

総合的な反応としては、かなり手応えアリでした。

 

素晴らしい発想だね!とか、面白いね!とか言っていただけて正直ホクホク(*´ω`*)

AppleWatch版も作って正解!とも言っていただけました。苦労した甲斐があったよォ

 

その反面、やっぱり課題の指摘はありました。

企画上というか、アプリの性質上というか

とにかく利用者の母数が多くないと真価を発揮できなくて。

みんなが入れて、みんなが起動して初めて輝くというか。

 

つまり知名度?認知度?を上げないとな、と。

 

中には「Appleに連絡して日本のiPhoneにはデフォルトで導入してもらうようにするとか!どう!?」っておっしゃる方もいて。

 

確かに〜!と思いつつ、えっそれってどうやるの?と思いつつ。

 

アプリの作り方は知ってるけど、

アプリの売り方?広げ方?を知らない。

 

マーケティングに入るのかな?

よくわからないけど、どうしたらいいんだろうな〜誰に聞けばいいんだろう。

 

と思いながら下山wしました。

 

それにしても明星大学遠すぎやせんか…

 

 

まとめ

自分の作ったものを見せながら、自分の言葉で説明して、ダイレクトに反応をもらうのは、

賞賛でも指摘でも糧になる。

 

よく考えたらこんなチャンスもうなかなかないんじゃないか?

寝坊が悔やまれる……