読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゔぇろぐ

春から社会人1年生。キーボードをひたすら殴り続けるお仕事。

二十歳にしてNASH(肝炎)を発症した話

わたなゔぇ@nave421mです。

はっきり言います。
日々のめちゃくちゃな生活習慣(主に食生活)がたたって、
二十歳にして生活習慣病のひとつにかかりました。

初めてNASHを指摘されたのは去年10月ごろ。
それからNASHになった原因を探る検査をたくさんしました。

昨日、肝臓の数値以外に異常はないと診断が下り
晴れて?生活習慣病確定です。

決意表明みたいな感じで書きます。

NASH って?

「Non-alcoholic steatohepatitis」の略で、
訳すと「非アルコール性脂肪性肝炎」です。

アルコールの取りすぎで脂肪肝や肝硬変になるのは有名だと思いますが
偏った食生活でもNASHを経て肝硬変や肝臓ガンになると最近わかってきたようです。

肝臓のステージとして

脂肪肝 → NAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患) → NASH → 肝硬変 → 肝臓ガン

となるようで。
つまり私は肝硬変の手前。

自覚症状

NASHになったことによる自覚症状はありませんでした。
肝臓は「沈黙の臓器」とも言われるほど、自覚症状がでない臓器。
気づいたときには手遅れ・・・ってことも珍しくない。

私は他の気になる点があって(慢性下痢)、
内科にかかっていました。

そこで血液検査をして、
エコーで腸を見る事になって、
たまたま通常の2倍ほどの大きさに腫れた肝臓と、上限値の遥か上をいく血液中の肝臓の数値が発覚して。

先生の絶句した顔を今でも覚えています。

言われてみれば、ここ最近とっても疲れやすく、むくみやすい気がしていました。
今思えば、それが症状だったのかもしれません。

やった検査

NASHが発覚した時、先生は「生活習慣病からくるNASHと決めるにはまだ早い」とおっしゃいました。
曰く、似たような数値の人は全身に均等に脂肪がつくりんご型の人が多いらしく
わたしも肥満ですがお腹からしたにどかーんと肉が付いています。上も太いけど下は比じゃないくらい太い。
あと、まだ二十歳なこと。

そこからNASHを発症した原因を探るための検査が始まりました。
B型肝炎C型肝炎、自己免疫生疾患、ホルモン異常・・・
(安静時採血で30分針さしたまま放置された恨みは深い)

そして昨日ようやく全ての結果がでました。
全て陰性。

生活習慣改善による治療が確定しました。

栄養指導

実は、先月すでに栄養士さんに栄養指導を受けていました。
どちらにせよ、もう一回家庭科の勉強をしたほうがいいとの先生の指示でした。

お肉はたんぱく質なんだ・・・とか
かぼちゃって炭水化物多く含むんだ・・・とか
大好きなきのこは消化しないんだ・・・とか

目からウロコだらけ。

糖尿病患者が使う成分表に1日の目安を記入してもらって
高タンパク・低脂肪の食事を「心がけて」ください と言われました。

まだ若いし、強制は大変だろうし
この程度なら強制しなくても平気 とのこと。

外食の時はサラダを多めに食べ、あとは気にせず。
自炊の買い物は鶏ならささみかむね、豚ならももにして、必ずカット野菜を買う。

週に1〜2回、体力が残ってて気が向いた時に1時間ほどのウォーキング。

禁酒。(もともとそんなに好きじゃないから苦ではなかった)

これだけを1ヶ月くらいやってみました。

採血結果

肝臓に関係ある項目って言われた気がするのみ抜粋。
赤字が上限突破。

検査項目 正常値 11/30採血結果 03/13採血結果
AST 7〜38 71 50
ALT 4〜36 111 73
LDH 106〜220 276 199
γ-GTP 9〜35 67 49
中性脂肪 30〜149 369 114

全体的に下がってて、LDHは正常値に戻りました。
よかった・・・!

やってることは正しいし、ペースも無理なくいい感じだから
もう少し頑張って!と言われました!

とりあえずNASHの完治を目指します。
肝硬変になる前に気づけたのが幸いでした。

まとめ

適度な食事、適度な運動、健康的な生活が理想だけど、なかなか難しい。
できる範囲でちょっと生活を変えるだけで、肝臓は元気になる。

無理せず頑張ります。

あとは原因不明の低血圧(ひどい時は上98/下48)と頻脈(安静時で100超え)だ・・・